HAPPYLUNCH

萩尾望都の大泉の本を読んで、15年ぶりくらいに「トーマの心臓」を読み返した。

高校生の頃に読んで、ストーリーがわかんなくてそれ以来読んでなかった。「ポーの一族」はいつも読んでたけど。

ユーリがよくわかんないの。ユーリに食って掛かるクラスメイトのメガネくんのセリフや動きのほうがかわいい。

大泉の本でトーマを描く時に木原敏江に少女漫画の華やかさを伝授してもらってる話が載ってて、それを踏まえてトーマを読むと、それを実践してる感じが確かにあった。

エーリクの顔アップや全身ぶち抜きの絵に力を入れてる。でもそこだけ高橋真琴のイラストのように綺麗で浮いてる感じがした。にしてもエーリクがかわいい。高校生の時はエーリクがあまり好きじゃなかった記憶がある。多分高校生の時はユーリを理解したくて、心のどこかでユーリを応援してるのにめちゃくちゃかわいいキメ顔エーリクばかり出てくるのが腹立ったんだろうな。

あと「残酷な神が支配する」が3巻まで無料だったので読んだ。でも辛かった。前半に出てくる主人公の彼女がガンダムの負けヒロインっぽかった。ストーリーが辛くて辛くて頭の中で絵柄をサウスパークに変換して無料のところまで読んで、続きを買うかどうか悩んでる。萩尾望都∀ガンダムの小説の絵を描いてたけど、萩尾望都の漫画ってロボットの出てこない富野作品だね。エヴァの出てこないエヴァみたいな。

竹宮惠子の「少年の名はジルベール」も読みたいけど、萩尾本のあとじゃなくて前に読んだほうが良かったらしい。

あと木原敏江作品を読んだことがなかったので「銀河荘なの!」を買ってみた。主人公と親友の関係がすごく良い。

 

 

ハムスター日記

f:id:zmpp:20210501225852j:plain

フロレルが大きくなってやどかりハウスが狭そうに感じたので

f:id:zmpp:20210501225939j:plain

ロマ吉のケージのどんぐりハウスを

f:id:zmpp:20210501230046j:plain

フロレルのケージに入れて

f:id:zmpp:20210501230128j:plain

ロマ吉には新しいハウスをプレゼント。でも最近のロマ吉はトイレの近くで床材に埋もれて寝るのが好きなのでハウスに入りません。

ロマ吉が住んでるケージは高校生の頃に買った水槽で、重くて使いづらいのでプラの飼育ケースを注文しました。明後日くらいに届くと思う。

 

ちなみに同じハウスを3年前も買った。ラピス・ラズリくん。

f:id:zmpp:20210501230604j:plain

餌皿にHAPPY・LUNCHって書いてあるのすげ〜いらつくデザインだぜ。